アドセンスで広告収入を得る方法!初心者必見のアフィリエイトとは?

副業

 

自分の運営しているブログサイトに広告を掲載して稼ぐコツというのはサイト運営者ならだれもが興味あるのではないでしょうか?

そんな自分のブログに広告を掲載し収入を得る方法の1つとしてアドセンスがあげられますが、そんなアドセンスで稼ぐポイントについてお話しします。

 

ブログをしている人は誰もが聞いたことある広告収入「アドセンス」

広告配信会社のマッチングによるクリック率の高さが魅力です。

最強のPPC広告!

ブログで広告収入を得る「アドセンス」についてお話しします。

スポンサーリンク

 

最強のPPC広告、広告収入「アドセンス」

ブログやサイトに掲載されている、広告を訪間者がクリックするとサイト運営者に報酬が支払われるのがPPC広告です。

 

アフィリエイトのひとつですが、紹介した商品が売れることで報酬が入るのに対して、ここで紹介するのは、クリックされることで報酬が入る「クリック保証型」です。

 

成功報酬型のアフィリエイトが「販売代理店」とするなら、こちらはお店に誘導する「看板」と考えることができるでしょう。

 

自分のブログやサイトにソースコード(プログラムを動かす文書のこと)を設置するだけでコンテンツの内容にマッチした広告を自動的に配信してくれるので、サイト運営者から絶大な支持を受けているのが、検索サイト大手のGoogleが世界各国で提供しているPPC広告配信サービスアドセンス(Adsence)です。

スポンサーリンク

 

アドセンスはテーマのしっかりとしたサイトであればあるほど、コンテンツと広告のマッチングの精度が上がるため、広告のクリック率も高くなります。

あなたが「この分野の知識ならまかせて!」という趣味や特技をもっているなら、その知識を活かしたサイトを立ち上げて、アドセンスを設置してみてはいかがでしょうか?

 

ブログへのおすすめはPCCのテキスト広告で稼ぐ

メールマガジンで大切なのは

配信部数と精読率(読者の質)ですが

サイトの場合は

アクセス数リピート率、またはサイトヘの滞在時間が大切になります。

 

それには何といってもコンテンツ重視のサイトを作らないとこれからは厳しいと思います。

バナー広告に関していえば、インプレツション型の場合、100万ページビュークラスのアクセス数がないと、広告の依頼すら来ないでしょうから、ちょっと大変だと思います。

 

かつては個人が作ったニッチな分野に特化した情報のサイトが、広告メディアとして認められたこともありましたが、今はそのようなサイトは企業がビジネスとして作成することが多いので、個人のサイトがインプレツション型のバナー広告で稼ぐのは難しいのが現状です。

 

現実的に個人でサイトを作って広告で稼ごうと考えるなら、PPC広告、それもバナー広告ではなく、テキスト広告を利用した方がいいのかもしれませんね。

(もちろん、バナー広告で稼げないというわけではありません)

スポンサーリンク

 

アフェリエイト収入を得る方法についてはこちらもご覧ください

アフィリエイト初心者必見!アフィリエイトとは?ブログで収入を得る方法
ブログをやってる人にとっては副収入は魅力的ですよね? 小遣い程度稼げれば良いという方から高収入まで幅広く活動されている方がいらっしゃいます。...
アフィリエイトおすすめは携帯・スマホ!ブログで収入を得る方法
アフィリエイトのおすすめは携帯・スマホからすることです。 では、なぜアフィリエイトおすすめは携帯・スマホなのでしょうか? 今回はアフィ...

 

クリックされると報酬が入るPPC広告

少し前までアフィリエイトの主流になっていたのは「成功報酬型」でしたが、アドセンスが登場したことで、最近ではPPC広告の人気が復活しています。

 

・クリック保証型

(PPC広告とは、PPC(= Payper Click)ともいわれているように、サイト掲載した広告のクリック数に応じて報酬が支払われます。

 

ほかにも、インターネットの広告として

「インプレツション型」があります。

広告の表示回数に応じて報酬が支払われるシステムです。

 

アクセス数の多いポータルサイトなどには向いていますが、個人が運営しているサイトのようにアクセス数が少ない場合には、このシステムで報酬を得ることは難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ユーザーとサイト運営者の両者にメリットの多い「アドセンス」

現在、個人でも利用できるPPC広告でもっとも一般的なサービスは、検索サイト大手のGoogleが提供しているアドセンスです。

 

登録を中し込んだ後にGoogleから送られてくるソースコードをサイトに設置するだけで広告が配信されるという手軽さと、その後のメンテナンスが必要ないという負担の少なさで、アドセンスを導人するサイトは爆発的に増えています。

 

掲載できる広告には、テキスト広告とイメージ(バナーなど)広告それぞれにサイズの異なる様々なタイプが用意されているので、ページのデザインやレイアウトにあったものを選ぶことができます。

 

アドセンスでは

広告の掲載されるベージ内のテキストを、自動的に分析することでコンテンツの内容と関連性の高い広告を自動的にマッチングして配信してくれます

しかも、掲載される広告は一定時間が経過すると自動的に同カテゴリーの広告に差し替えられます。

 

ページの内容と関連性の高い広告が表示されれば、そのページを訪問したユーザーにとっても有益な情報が表示されることになり、クリツク率も向上します。

アドセンスはサイトを訪間したユーザーにとっても、サイト管理者にとってもメリットの多い広告システムです。

 

Google AdSence

https://www.google.co.jp/adsense/start/

最大の特徴は広告のソースを貼り付けてしまえば、貼り付けたサイトのコンテンツを自動的に解析し、それに合った内容の広告が掲載さねるというもの。

したがって、コンテンツ内容を変更したとしても、自動的にコンテンツを解析し、広告を表示するため、広告の張り替えなどが不要であり、余計な広告管理が必要ない。

スポンサーリンク

 

アドセンスはテーマがしっかりしていれば、個人のサイトも登録可能

アドセンスは原則的には企業など法人向けのサービスとされていますが、テーマが明快であれば、個人の運営しているサイトでも登録ができます。

(むしろ今では個人サイトで活用している場合の方が多いかも・・・)

 

アドセンスはGoogle内のページから簡単に登録を申し込めますが、Googleによる審査に合格する必要があります。

以前の2012年ごろは審査が厳しく、2014年頃ではずいぶんとハードルも下がり、登録はしやすくなりました。

しかし2016年に再度審査が厳しくなっているといわれています。

 

Googleが明確な基準を公表していないため、あくまでも推測でしかありませんが

・テキスト情報が少ない

・情報に統一性がない

・テーマが絞り込まれていない

・サイトそのものの完成度が低い

・アダルト、暴力、違法性の高い情報など、公序良俗に反する内容が掲載されている

場合、審査で却下される可能性が高いようです。

 

また、現在では独自ドメインのサイトでない場合は審査を通らないようです。

もちろんブログでも登録できます。

 

もし、登録を申請して審査を通らなくても、サイトに修正を加えて、再度、登録し申し込むこともできます。

審査に通らなかった場合には、すでにアドセンスが掲載されているサイトを見るなどして、工夫をしてからもう一度チャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

 

アドセンスで稼ぐなら広告をイメージしてブログ作り

アドセンスで収益を考えている場合、広告をクリックさせるにはどうすればいいのでしょうか?

 

サイトの訪問者に広告をクリックさせるコツですが、どのような広告を掲載するか、さらにその広告にマッチした嗜好を持った訪間者をいかに集めるかが重要です。

サイト自体の広告費をかけずにアクセスを集めるには、検索エンジンの検索結果で1ページ目に表示される必要があります。

ちなみに、2ページ以降に掲載されても、ほとんどアクセス数を上げることはできません。

 

手順としては

サイトに来てほしい人たちの集まりやすいキーワードを選別して、そのキーワードで検索上位にランクインできるようにサイトを作り込みます。

また、アドセンスなどのコンテンツマッチタイプ広告の場合サイトのページで内容を完結させてはいけません

ある程度の情報を見せた上で、アドセンスを表示させることでクリックをしてもらうようにします。

 

具体的な例でいえば

アドセンスに『アフィリエイトの始め方 初心者でも0円から始めるアフィリエイト講座』といった広告が出ていたとします。

 

それなら『アフィリエイトの初心者の始め方』などというサイトを作って、サイト内でアフィリエイトの説明をして、『無料で始める内容」と書いたうえで、アドセンスに誘導します。

そうすると先ほどの『アフェリエイトの始め方なら』といった広告が表示されます。

このように逆から発想していきます。

スポンサーリンク

 

ただし、あからさまにアドセンスをクリックさせようとするページを作ると、ペナルティの対象となってしまいますので注意してください。

「こちら」とか「クリック」とかの表現もNGです。

 

アドセンスの報酬金額は非公開

気になる報酬金額ですが

Googleは一般にアドセンスの報酬に関する情報を公開していません。

 

それどころか、すでにアドセンスに登録しているサイト運営者にも、アドセンスのクリック率や単価など、報酬に関する情報の第三者への開示を禁止しています。

(開示した場合には、サービスの利用停止などの厳しい処置がとられる模様)

 

しかし、いろいろ情報を探ってみたところ

アドセンスは他社のPPC広告に比べてクリック単価が高い」というのが定説のようです。

ちなみに一般的なPPC広告の1クリック単価の相場は5円〜30円程度です。

スポンサーリンク

 

また、先にも書いたように、広告掲載のマッチングシステムが優れていることもあって、「他社の同サービスと比較してクリック率も高い」ようです。

最初は、広告で稼ぐことを意識せず、ブログの更新を楽しんで続けるのがいいでしょう。

続けるうちに、どういった記事が人気で、また報酬に繋がるかがわかってくると思います。

 

携帯サイトの広告はこれからもマーケット範囲か?

携帯サイトに広告を掲載して稼ぐことについてはどうなの?

 

アドセンスのモバイル版については、昔と比べて順調になっています。

現状ではアクセス数がネックになっています。

いかにそのサイトのターゲットにマッチする人を呼べるかですね。

 

アクセス数を稼ぐにはモバイルのサイトもパワーサイトからいかにリンクしてもらうかがポイントになります。

また、無料で利用できるロコミサイトや友だちを作るコミュニティサイトからリンクさせるのも効果的です。

まだまだ港在的なニーズは多いはずなので、これからも伸びるの市場だと思っています。

スポンサーリンク

 

ブログのアドセンス広告で儲けてモチベーションをアップ

これから広告で稼ごうと考えている人へ!

 

これからインターネットビジネスをはじめようと考えていて、5万円から10万円ぐらいの報酬を第一の目標にしているなら、アドセンスが非常にオススメです。

 

 

メールマガジンは広告で稼げるようになるまで時間がかかりますが、アドセンスなら登録すればすぐにでも報酬が手に入るようになります。

そうするとモチベーションも上がって、サイトのメンテナンスも苦にならなくなるはずです。

スポンサーリンク

 

また、広告で得られる報酬には波があります。

たとえ、アドセンスで先月5万円稼いでいたとしても、検索エンジンのアルゴリズムの変更などでその報酬が手に入らなくなる可能性があります。

 

ですから

1つの広告で5万円稼ぐより

色々な方法で数万円ずつ稼ぐようにするべきです。

 

流れとしては、まずサイトを作ったら、参入障壁の低いアドセンスからスタートして、次に同じテーマのメールマガジンを発行します。

そうすれば、サイトのテーマに興味のある人のリストが集まりますので、そのリストに対して広告のアプローチをする。

こうやって、収益源を増やしていけば、広告収益も安定するでしょう。

 

コメント