ネットショップで儲ける方法!開業から集客・売上アップまで解説

Pocket

こんにちは。akapです。

全部自分のやり方で商品を売りたい!

そう思ったときに取り組みたいのがネットショップです。家賃を払って店舗を構えるのは手間もかかるし経済的にも大変ですが、ネットショップならわずかな元手で始めることができます。

今回は、ネットショップで儲ける方法!開業から集客・売上アップまで解説していきます。

スポンサーリンク

「一国一城の主」ネットショップを作ろう!

さまざまなインターネットビジネスがあるなかで、ネットショップの魅力がどこにあるかといえば、「自分ですべてが作り出せる」という点です。

商品から売り方まで全部自分で作れます。

顧客管理も独自の作業です。

もちろんその分、さざまな部分でハードルの高さがあることも否めません。

しかし、その分やりがいを感じられるのもこのネットショップなのかもしれません。

ネットショップで売れる商品を見極めることが売上アップのカギ

スーパーやコンビニエンスストアに比べると

ネットショップは「絶対になければ困る」というほどの存在ではありませんが、ネットショップの売上は年々増加の一途をたどっています。

それだけ、ネットショップの需要が広がっているのです。

では、なぜネットショップ人気は拡大を続けているのでしょうか?

その大きな理由は、「通信販売」であるということです。

お店まで出向いて、店員さんとやりとりを交わす対面販売ではなく、思い立ったときにサイトの写真や文章を見て買い物をするというシステムなのです。

もちろん「この商品を売りたい!」というあなたの情熱は大切です。

しかし、その商品が売れるかどうか、ということを見極めることも非常に重要です。

通信販売であるネットショップだからこそ売れる」商品かどうかを今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

ネットショップで売れる商品とは

遠くに出向かないと買えないもの

一定の地方でしか手に入らない特産品や、そのショップでしか手に入らない限定商品など、ある場所限定でしか手に入らない商品がそうです。

格安で手に入る商品

つまり店舗より安く手に入る商品です。

購入者にとって何店舗も回って価格を検討するのは大変ですが、ネットショップならパソコンの前で価格の比較検討ができます。

繁忙期に店舗に足を運ばなくてもいい商品

お中元はお歳暮などのギフト商品は、混雑している百貨店などに足を運ばなくてもいいネットショップでは重宝されます。

ほかにも、重くて持ち運びがしづらい商品や、定期的に購入したい日常品、対面販売で買うのが恥ずかしい下着などが重宝されます。

スポンサーリンク

どんなサイトを作るのか? が「売れる」か否かの鍵を握る

せっかくネットショップを開くなら、おしゃれでかっこいいサイトを作りたい・・・というのは、誰もが考えることかもしれません。

しかし、実際に売上の高いサイトを見てみると、必ずしも「おしゃれでかっこいいサイト」であるとは限りません。

逆に、むしろちょっと雑多な印象を受けるところも少なくないでしょう。

購入者はサイトを訪れてもすべてをじっくり、眺めるわけではありません。

一説には「3秒でそのサイトをじっくり見るかどうかを決める」といわれているほどです。

大切なのは、その3秒間で「何が買えるか」「自分の必要なものがそこにあるのか」「もっと詳しく見る価値があるか」が見極められるデザインにすることです。

見た目のよさでなく、いかにお客さんに期待を持たせるか?が、サイト作りの重要ポイントなのです。

どうすればお客さんに満足してもらえるショップになるのか

お客さんに満足してもらうには、サイト作りや商品構成などでさまざまな要素が必要になってきます。

そこで、顧客満足のためのポイントを2つ挙げてみます。

商品構成の充実度

どんなに魅力的な商品があっても、1アイテムでは顧客はなかなか満足してくれません。

より多くの人が満足してくれるために、より多くの商品を用意しましょう。

こまめな顧客管理

アフィリエイトなどと違って、商品を買ってくれた人ヘフォロー、つまり顧客管理を自分で工夫してできるところがネットショップ経営のいいところです。

メール対応やブログ・メルマガなどを発行して顧客とのコミュニティを広げ、リピーターを作りましょう。

スポンサーリンク

ネットショップ運営するサイト

Eストアー

ネットショップの開業から成功までを総合サポート。開店に必要な機能、ショップ構築やカートシステムなどをすべて完備。さらに、運営のコンサルティングから各種代行サービスまで、オールインワンのEストアー。

Eコマースの成長と発展に寄与することを経営方針として、あらゆるネットビジネスのサービスや、それを実現する手段のひとつであるレンタルサーバーを提供している。

スマイルサーバ

レンタルサーバーならNTTグループのホスティングサービス「スマイルサーバ」。NTTグループならではの「安心感」「信頼感」「手厚いサポート」を実現。

ネットショップもブログも簡単作成、初心者も安心のレンタルサーバーを提供している。

社員がばらばばらでもっている情報やデータを一元管理するに適したサービス。

MakeShop

ネットショップの開業・構築をお考えなら集客に強いMakeShopへ!集客は簡単に設定でき、成果報酬だから費用対効果が高い!さらに、MakeShopで作成したネットショップの売上総額が5年連続日本一を達成し、売れている確かな実績があります。

ショッピングカート付きのホームページ作成ができる、ネットショップ構築運営ASP。

商品、会員、受注情報の管理の他、オンラインイベントの開催、メール送受信、決済機能、アクセスアップのためのツールといった機能が充実している。

MakeShop同様のレンタルショッピングカート(ASP)として、以下のサービスもある

カラーミーショップhttps://shop-pro.jp/

FutureShop2http://www.future-shop.jp/

BASEhttps://thebase.in/

STOREShttps://stores.jp/

ネットショップ構築作成サポート.jp

テンプレートカスタマイズからオリジナルまで、ブログのように、簡単にネットショップを構築できる。

ネットショップ構築の容易さだけではなく、商品管理や決済も簡単にでき、初心者でも安心の機能を標準装備できる。

同様の専用システム構築として以下のサービスもある

コマース21http://www.commerce21.co.jp/

ECキューブhttps://www.ec-cube.net/

EC Directhttp://ecdirect.petabit.co.jp/

EC-Orangehttp://ec-cube.ec-orange.jp/

スポンサーリンク

ネットショップの開店するために必要なもの

ネットショップの規模や取扱商品によりどこまで用意するかは変わってきます。

自分にあった機材やサービスを選択してください。

機材や材料

1.パソコンとスマートフォン

2.プリンタ

3.デジタルカメラ(小店舗なら最悪スマホ写真でもOK)

4.パッケージソフト(ASP利用であれば不要)

5.梱包資材(発送用)

必要なサービス契約

1.レンタルサーバー

2.ドメイン(独自ドメイン)『.com』『.net』『.co.jp』『.ne.jp』

3.ショッピングカート

4.決済システム

上記は必須項目。以下は必要に応じて準備

5.メールシステム

6.受注管理システム

7.顧客管理システム

8.商品・在庫管理システム

スポンサーリンク

ネットショップを始めるために検討すべきポイント

ネットショップを「どのような形で始めたいか?またどのサービスを使って立ち上げるのか?」がポイントになってくると考えます。

レンタルショッピングカート(ASP)

初期費用、月額費用ともに安く、販売に必要な機能は一通り揃っているため初期準備に手間取ることなくサイトが早く立ち上がる。

モールと比較すると、集客をどのようにするか自ら検討する必要がある。

パッケージソフト

費用は比較的安いと思うが、やはりレンタルショッピングカート(ASP)よりも高くなってしまう。

ある程度、独自にサイトを構築でき自分の仕様にそって変更ができるのだか、その部分の専門知識もそれなりに必要となる。

ショッピング・モール

既に集客があるサービスを利用するので、集客面において力はあるが、競合も多いためショッピング・モール内での価格競争に巻き込まれたり、販売手数料がかかったりするなど、利益率はそこまで高くない。

専用システム構築

自分たち専用にしかも思い通りにシステムを作ることが可能であるがその分時間もかかり開業には多くの資金も必要となる。

大店舗の開業やこの先何十年とやっていく計画と資金があるのであれば、専用システムでの構築が良いかと思う。

スポンサーリンク

おわりに

私個人的には、初期費用を

ある程度抑えて開業したいと考えるし

ある程度の収益を上げてその後展開を考えていきたいと思ってしまうため、ショッピングカートASPを選択しますね。

自分のショップ規模・売上・取扱商品・客数に応じてサービスを選択してください。