情報処理技術者試験のITパスポート試験とは?その試験内容と合格率!

就職・転職/仕事




情報処理技術者試験のITパスポート試験とはどんな資格なのでしょう?

 

それは、広く社会に求められる情報技術の基礎的な知識を問う試験です。

その情報処理技術者試験のITパスポートの試験内容と合格率について解説します。

スポンサーリンク

ITバスポート試験ってどんな資格

情報技術の基礎知識を問う国家試験です。

IT化の進んだ現代社会で働くすべての社会人に必要な情報技術に関する基礎的な知識を測るための資格なのです。

働き方・稼ぎ方

システム的な考え方や論理的な思考力が身につき、担当業務の問題把握および必要な解決策を講じらねる人材として評価が高まります。

上位者の指導の下、業務の分析やシステム化の支援を行う立場に立つなど、より上級レベルの業務に従事するチャンスも広がります。

受験データ

受験資格

制限なし。

学歴・性別・年齢に関係なく、誰でも受験できます。

 

受験費用

5100円

 

試験時期

11年11月から、国家資格では初となるCBT方式(パソコンを使った試験方法)を導入して随時実施。

ITバスポート試験の勉強方法・対策

実施団体のHPに出題範囲や過去問題と解答例が公表されています。

未経験の場合は、スクールや専門学校、通信講座で学ぶのが近道です。

市販のテキストによる独学でも合格可能です。

学習期間・合格率

約3ヵ月

合格率47.9%

ITバスポートの稼げる度

企業へのアピールとしては有効です。

就転職に有利なツールとして活用できます。

実施団体

独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材育成本部

情報処理技術者試験センター

TEL:03-5978-7600(代)

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験
情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」「情報処理安全確保支援士試験」ページです。

コメント