P検-ICTプロフィシエンシー検定試験の難易度と試験内容とは

就職・転職/仕事




P検-ICTプロフィシエンシー検定試験とはどんな資格なのでしょう?

ICT利活用能力を総合的にアピールできる資格です。

また、級によって就職などにも有利に働く場合があります。

 

P検-ICTプロフィシエンシー検定試験の難易度と試験内容について解説します。

スポンサーリンク

ICTプロフィシエンシー検定試験ってどんな資格

特定分野のソフトウェアや業種・業務を対象にしたものではなく、一般的ビジネスシーンにおけるすべての利活用者と、学校で情報教育を学ぶすべての学生を対象として、総合的なICT(※ )利活用能力を評価し、資格認定するものです。

レベルは1級から5級まで6段階あり、3級は入社1~ 2年目の社会人が仕事で支障なく使えるレベルです。

 

(※ )ICT=information and Communication technology(情報通信技術)の略。

同様の言葉であるIT(information Technology:情報技術)よりも国際的には通りがよく、現在は日本でも一般化されている。

働き方・稼ぎ方

多数の企業で社内研修等に採用されており、スキルアップ 就転職に活用できる。

 

ICTプロフィシエンシー検定試験の勉強方法・対策

P検公式サイトより公式テキストやCD-ROM教材が購入できるほか、無料模擬試験の提供もある。

取得を推進する専門学校やP検対策講座を開講するスクールでも学べる。

 

学習期間

約2ヵ月~(3級)

 

ICTプロフィシエンシー検定試験の稼げる度

1000円~

派遣会社や企業による月額の資格手当

 

実施団体

ICTプロフィシエンシー検定協会

Tel:03-5229-0045(P検事務局)

https://www.pken.com/

コメント