マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験とは?その試験内容と合格率!

就職・転職/仕事




マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験とはどんな資格なのでしょう?

それは、Microsoft Office利用スキルと知識を証明する試験です。

そのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の試験内容と合格率について解説します。

スポンサーリンク

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験ってどんな資格

Word、Excel、PowerPointなどのアプリケーションの利用スキルを証明する国際資格です。

累計受験者数が340万人を超える人気資格で、実務能力として求める企業は数多い。

ソフトごとの科目に分かれ、Word、Excelには一般レベルと上級レベルの2つのレベルがあります。

 

働き方・稼ぎ方

履歴書に記入して企業にアピールできるため、社会人から学生、再就職をめざす主婦まで幅広く支持されている。

パソコンを利用するあらゆる職種で即戦力として通用する。

 

受験データ

受験資格

制限なし。学歴・性別・年齢に関係なく、誰でも受験できます。(小学生以下は保護者の同意が必要)

 

受験費用

MOSの2013とMOS2010の一般レベルは1万584円/1科目

MOS2013学割あり

MOS2010上級レベルとMOS2007は1万2744円/1科目

MOS2013の学割価格は8424円/1科目

 

試験時期

ほぼ毎日実施。

試験会場が独自に日程を指定している随時試験のほか、毎月1~2回実施する全国一斉試験もある。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の勉強方法・対策

 

全国のパソコンスクールや専門学校などで取得コースが組まれているほか、各種対策テキストも市販されている。

学習期間・合格率

約1ヵ月~

合格率:非公開

ITバスポートの稼げる度

企業によって異なるが、資格取得によって給与UPも期待できる

実施団体

(株)オデッセイ コミュニケーションズ

Tel:03-5293-1881

MOS公式サイト-マイクロソフト オフィス スペシャリスト
Word、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する資格「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」の公式ホームページです。MOSの試験範囲や受験方法、受験会場などご紹介しています。

 

コメント