資格を取得するメリットとは?使える&有利な理由BEST5を紹介!

就職・転職/仕事




資格取得でストレス知らずの人生!というものの具体的には何だろうというあなた!

資格を取得することで得られるものはたくさんあるのです!

 

「資格取得なんて意味がない!」という人は資格を取得していないか、または資格を取得しているが有利に使えていない人だと思っています。

 

では、どのようなメリットがあるのか?

資格を取得するメリットとは?使える&有利な理由BEST5をご紹介します。

スポンサーリンク

資格取得のメリット その1「お金」

給与アップでお財布潤う!副業でお小遣い稼ぎも

 

お金がないことのストレスが半端なく大きいのは、誰もが感じるところでしょう。

資格取得を推進する企業なら、奨励金や手当が得られる。副業に対して寛容な会社も増えてきたため、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもいいだろう。

独立開業すれば、お金の采配ができ「自由度が増した」という人も多い。

お金の不安をカバーするには、資格が強い味方になるだろう。

 

資格奨励金で新しいパソコンを購入

ずっと経理部門にいるけれど、何も資格がなくて。簿記やファイナンシャル・プランナーを取ったところ、お金畑の人として箔がついた感じに。資格奨励金も少しばかり出て・・・

資格はわかりやすいラベルなんだなと痛感(30代・男性・経理)

 

副業で月2万円程度貯金に回しています

社内では経営企画の部署にいますが、人の問題に関心があってコーチングの資格を取得。副業にしています。ウチは副業が認められていないので大きな声では言えませんが、年間収入を20万円以内におさえて確定申告は乗り切っています(30代・男性)

スポンサーリンク

資格取得のメリット その2「自信」

転職活動に堂々とトライ!社内でのキャラ立ちにも!

安倍政権は人材流動化路線。労働者派遣法の改正をはじめ、雇用は今後ますます自由化されるだろうし、あらゆる業種でグローバル化も進むでしょう。

誰も「絶対の安定」を約束されない中、自分に何が身についているかが自信の源となります。

 

「資格は自分の能力・スキルを客観的かつわかりやすく周りに示す道具です」

「資格と自分をつなげるストーリーを語れる人が強い」

「珍しい資格でキャラ立ちする作戦もあり」

上記の専門家の意見も参考にしてしてみてくださいね。

 

資格・等身大の自分をつなげて転職成功

事務職から未経験でウエディング業界へ。接客経験もなかったため、資格でカバーしようと計画。最新の卜レンドも勉強し、「自分が花嫁世代だから・・・」と面接でもアピール。話が弾み無事採用されました(20代・女性・ウエディングプランナー)

 

資格のおかげで一目置かれるように

「ここのところずっと気になっていた環境関連の資格を取った」と何気なく上司に話したら、後日、部署の代表として環境シンポジウムに参加することに。今では社内でいっぱしの専門家扱い(30代・男性・営業)

 

資格取得のメリット その3「人脈」

同じ興味を持つ専門家の世界は楽しく刺激的!

資格取得によって、質の高い人材との人脈や交流の場ができる場合があります。

先に解説したように、「その資格を持っている人だけが所属できる団体」があるためです。

同じ興味を持つ人々が集まるためか、高めあう関係が作りやすく、幅広い世代が共通言語のもとに打ち解けやすいのも魅力のようです。

また、同じ資格を持っていなくても、資格が話題のきっかけとなり、興味を持ってもらうことで人とのつながりができた、という人もいます。

 

まさかお客様にそこに興味があるとは・・・

サッカー審判の資格を持っています。お客様と何気ない会話でその話題になり、「小学生チームの監督をしている」と話したら頼りがいのある人と思われたようで。お客様との距離が縮まり、受注しやすくなりました。(20代・男性・営業)

 

スポンサーリンク

資格取得のメリット その4「メンタルヘルス」

会社の価値観に縛られず自由なこころで生きられる

合わない上司の元で働くのは、至極つらいことです。

けれども、「自分は専門家だ」「自分は違う世界を知っている」というだけで、かなり救われるという声をよく聞きます。

「私自身、たとえば上司に叱責されても、「会社の価値観ではこうなんだな』と冷静かつ客観的に受け止められるようになりました。ものさしが増えて視野が広がったのでしょうね」

このほか、「会社がどうなっても私は資格があるから大丈夫」という安心感がある、という人も多いです。

 

「資格があるから大丈夫!」が実現化して

何か資格でも取っておこうかな、と思いつきでマッサージ系の資格を取得。

「会社が倒産しても大丈夫」なんて思っていたら・・・突然の業績悪化で人減らしがスタート。会社の提示する退職条件が良いうちに転職しました(40代・女性・リフレクソロジスト)

スポンサーリンク

資格取得のメリット その5「居場所」

家庭と職場以外の居場所でリフレッンュ

都市生活者には3つの居場所が必要だと言われています。

第一が家庭。第二が職場。第三が「サードプレイス」、自分を取り戻す場所です。

上記のメンタルヘルスにもつながるが、転職をしていない資格保持者たちは「居場所が増えて楽しくなった」と口をそろえて言います。

「メンタルが安定した」という声も多い。第一、第二の場で起こる理不尽な問題や不満などが小さく思えて、それらに振り回されることがなくなるというのです。

大人になるほど利害関係のない場はありがたいものですよね。資格がそれを叶えてくれるのです。

 

社会人になってからも親友ができる喜び

資格保持者の集まりに行くと、勉強になるのはもちろん、私にとっては「癒し」。

家族や職場はもちろん、学生時代の友人にも言えないような悩みや相談ができています。同じ感性を持っているのと、日ごろの関係性に影響がないのがいいらでしょうね。(20代・女性・住宅営業)

 

 

コメント