ビットコインをこれから始める人へ!システムを10分でわかりやすく解説!

ビットコイン

ビットコイン!良く耳にするけど、実際にどんな「通貨」なのかはよく分からない!そんなビットコインの特徴をサクッと理解するためのポイントを解説します。

 

2017年8月頃からグングンと高騰を続けていたビットコイン。

メディアでも大きく取り上げられているが、正直「ビットコインってなに?」「ビットコインのシステムってどうなってるの?」と聞かれると、首を傾げる人も多いはずですよね。

 

そこで専門家に協力をあおぎ、ビットコインを扱ううえで押さえるべきポイントをピックアップしてみます。

ビットコイン初心者でも、ビットコインをこれから始める人でも、ビットコインのシステムを10分でわかりやすくスピーディに理解するためのコツを解説していこうと思います。

スポンサーリンク

貨幣や紙幣が存在しないインターネット上の通貨

まず、ビットコインが誕生したのは2009年ごろまで遡ります。

ドルや円といった法定通貨のようにコインや紙幣などの実体がなく、インターネット上でやりとりされるデジタルデータに価値を持たせている「仮想通貨」と呼ばれるものです。

 

単位は「BTC」と「Satoshi」のふたつで、法定通貨のように価格が変動します。

しかし、その変動率は主要通貨に比べるとかなり大きく、1日に10%以上も変動することもあるのが特徴です。

また、長期的にみても大きく上昇していて、2013年は1940円(高値)だったが、2017年には一時的に80万円を超える価格をつけていて、その投機的な魅力で人気を集めています。

また、ビットコインはそのシステムも独特G総発行量の上限は2100万枚と決まっていて、有志によるマイニング(採掘)と呼ばれる作業で発行されます。

そして、一定期間ごとに取引記録を1ブロックにまとめ、それを改ざんできないようにチェーンのようにつなぎ合わせる「ブロックチェーン」という技術で安全性を担保しているのです。

そして、ビットコインの投資では値上がり益(キャピタルゲイン)を狙うのが基本となり、株式の配当金、投資信託の分配金、FXのスワップポイントなどのようなインカムゲイン(配当金)は存在しません。

 

つまり、保有しているだけでは利益を生まず、売却が必要ということは押さえておきたいところです。

 


GMOコイン
 

POINT1:単位は「BttC」と「Satoshi」のふたつ

ビットコインの単位は「BTC」と「Satoshi」のふたつで、「l Satoshl=0.00000001BTC」。

ちなみに、「Satoshl」はビットコインの開発者の名前から取られている。

 

POINT2:法定通貨に比べて価格変動は大きい

ビットコインは円や米ドルなどの法定通貨の為替レートと同じく、価格が変動するシステム。

しかし、法定通貨よレリもはるかに価格の変動率は大きく、1日で10%以上も上下することは珍しくないので注意が必要だ

 

POINT3:お店や通販サイトで利用することができる

実店舗や通販サイトで買い物をしたとき、ビントコインで支払うことができる(決済導入店に限る)。

また、世界中の決済導入店でも両替せずに利用することが可能だ。

 

POINT4:売買するときの自由度は高い!

1.かなり少額から購入できる。

取引所で異なるが、数十円単位から取引できる。ただし、手数料次第で最小単位での購入は損する場合もある。

2.24時間いつでも取引できる

ビットコインは1年365日、いつでも好きな時間に売買できる。また、海外への送金手数料が安いのも良いところ。

 

POINT5:法定通貨よりも金に似ている

ビットコインは需給で価格が動くほか、発行量(埋蔵量)に上限があるなど、金との類似点が多い。

また、金は有事に買われることが多く、ビントコインも同じ傾向を見せる。

スポンサーリンク

ビットコインを読み解く!後悔しない投資をする方法

世界中の投資家たちが参入して市場規模は昨年から大きく拡張!

仮想通貨はここ1年で飛躍的に知名度を上げています。

市場も拡大傾向を続け、仮想通貨全体の時価総額は2017年11月で約1866億ドルとなり、2016年1月から26倍にまで増加。

世界の投資家たちが積極的に売買していることがうかがえます。

スポンサーリンク

日本人のビットコイン投資が市場を牽引するかも?

2017年11月2日のビットコイン取引量は、なんと日本が6割以上で首位をマークしています。

これまで取引量の上位常連といえは中国だったが、国家による規制が強化されたことで取引量は激減しています。

現在ブームに乗っている日本のビットコイン投資に関係する動きが、今後の市場に大きな影響を与えることが予想されています。

ビットコインの信頼性は仮想通貨のなかで最優秀!

ビットコインの時価総額は約13兆円で、2位のイーサリアムに4倍以上の差をつけています。

また、ビットコインの1日の取引量約4700億円と、イーサリアムやビットコインキャッシュなど、ほかの仮想通貨を圧倒。多くの投資家がビットコイン売買に参入していることから、仮想通貨のなかでは最も信頼性が高いといえるのです。

時価総額、取引量ともにビットコインが最大となっている。

多くの投資家が参入しているため、ビットコインが無価値になる可能性は低いと予想されています。

 

スポンサーリンク

投資家たちが注目すれば価格はうなぎ上りに!?

ビットコインの総発行量は上限が2100万BTCとなっています。

1年間の発行量も決まっていて、それが約4年ごとに半減していきます。

つまり、市場の状況によって発行量が増減しないため、投資家たちの需要が高まることは、価格の上昇を促す可能性が高いと考えられるのです。

スポンサーリンク

価格だけに惑わされず市場規模や需給も確認すること!

ビットコイン投資をスタートする前に、まずは仕組みや背景などの基礎知識を押さえておきましょう。

ビットコインを含む仮想通貨全体の時価総額は、2016年1月1日時点で約71億ドルだったのに対し、2017年11月2日時点で約1866億ドルと、たった2年足らずで26倍にまで拡大しています。

また、仮想通貨の種類も900を超えていて、その市場規模は飛躍的な伸びを見せています。

そのなかでも、ビットコインは仮想通貨市場の最大手の「通貨単位」といえます。

 

その時価総額は約13兆円と、2位のイーサリアムに比べて10兆円以上も多く、取引量についてもほかの主要な仮想通貨の追随を許さない状況です。

この「最大手」という看板は、あくまで仮想通貨のなかでの話になるが、信頼性の高さを示す基準のひとつと考えられ、今後も投資家たちの参入を増加させていく可能性は大きいと思われます。

スポンサーリンク

 

2017年11月2日のビットコイン取引量は日本が約6割を占めて1位となっていて、日本の個人投資家が数多く参入していることがわかります。

これは、昨今の報道や雑誌媒体での取り扱いが影響していると思われます。

 

次に、ビットコインは発行量において、円やドルなどの法定通貨と異なるのも知っておくべきポイントです。

ビットコインの総発行量は2100万BTCという上限があり、それ以上は発行されない決まりになっています。

また、約4年ごとに年間発行量の上限が減る「半減期」と呼ばれるシステムを採用しています。

つまり、市場の需要が高まっても供給は一定ということになるため、需要の変化が価格に与える影響は大きくなると予測できるのです。


GMOコイン
 

これからビットコイン投資を始めようと考えているなら、価格だけに注目するのではなく、市場規模や需給の動向などのバックボーンにも目を向けましょう。

コメント