ビットコインは情報で価値や値段推移が大変動!見方や危険性など勉強必須

ビットコイン




ビットコインの高騰は魅力的に見えるがバブルの可能性もある!?

以前の記事で解説したようにさまざまな特徴があるビットコインだが、最も目を引かれるのは、激しい価格変動でしょう。

 

ここでは、ビットコインの見方として危険性や情報で値段推移が変わり価値が上がったり、下がったりと、既存の金融商品と異なる特徴について勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ビットコインをこれから始める人はまずこちらで解説▼

ビットコインをこれから始める人へ!システムを10分でわかりやすく解説!
ビットコイン!良く耳にするけど、実際にどんな「通貨」なのかはよく分からない!そんなビットコインの特徴をサクッと理解するためのポイントを解説します。 ...

ビットコインの値段推移と価値とは

とくに2017年後半は「爆騰」ともいえる値上がりを見せていて、10月には最高値更新のニュースが相次ぎました。

2016年4月には4万円/BTC前後だった価格は、2017年11月で80万円/BTCを超え、わずか2年足らずで20倍近い価格にまで上昇しています。

また、1日の変動幅もかなり大きく、10%以上も価格を上下させることも珍しいことではないです。

しかし、この高騰するレートは、同時に「危うさ」も内包している可能性が高いことは無視できません。

 

ビットコインの実態と価格のバランスが釣り合っているかどうか」は疑問であり、狂奔ともいえる高騰はかつての「ITバブル」を連想させます。

あのときも短期間でバブルが弾けて大変な状況になりましたが、ビットコインもそうならないという保障はないことは抑えておきたいところです。

 

ブームの過熱で高騰したということは、ブームの終焉で急落する可能性もあるということ。いまの好調な状況だけに惑わされず、ブームが去ったときのリスクヘッジも織り込んだ投資を行うことが求められます。

また、ビットコインは日経平均と株価、世界の金利動向と為替レートのような、明確なファンダメンタルズが存在せず、需要と供給が価格に反映されやすいのです。

 

そのため、株式や投資信託、FXとは異なる上昇、下降トレンドを形成する可能性もあるため、分散投資先として利用することもできます。

ただし、ビットコインには株式の配当金や株主優待のようなインカムゲインはないので、それを踏まえたうえでの分散投資先として購入しましょう。

スポンサーリンク

ビットコイン価格は短期間でも大きく動く!

ビットコイン最大の特徴は激しいレートの変動。1日で10%以上の上下幅で値動きすることも珍しくなく、売買のタイミングを計るのは上級者でも至難のワザ。ビギナーのうちはデイトレードのような短期売買は避けるのがオススメです。

 

ハードフォークを控えた8月1日の29万円から、1カ月後の9月1日には54万円オーバー。

1ヵ月で倍近い値動きは、既存の金融商品ではまず見られない。

 

11月2日の価格変動は大きく、最安値と最高値の差は約23万円。

短期的なトレードを行っていた場合、油断していると高騰や急落を見落としそう。

スポンサーリンク

乱高下する価格に対するリスクヘッジは大鉄則!

ビットコインは価格に影響する要因がわかりにくく、激しい値動きを読み切るのは投資の専門家でも不可能に近いです。

とくにビギナーは急落したときに取り返しのつかない投資を行うのは絶対にNGです。

購入額の上限を設定したり、少額を積み立てていくなど、リスクを念頭においた「自分ルール」を決めてから投資しましょう。


GMOコイン

戦争リスクや経済危機でビットコイン買いは伸びる!

ビットコインは特定の出来事が値動きに影響することは少ないが、過去の法定通貨危機や戦争リスクの高まりでは買いに振れて価格が上昇しています。

また、大手取引所が閉鎖されたり、国家による規制強化などの不安材料となるニュースが報じられると、売りが伸張して急落してしまうことが多いです。

 

北朝鮮ミサイル発射時の価格変動

8月29日の早朝に北朝鮮のミサイルが発射されると、すぐにビットコインは買いが進んで価格が高騰。

「有事のドル買い」ならぬ「有事のビントコイン買い」の動きが見られました。

スポンサーリンク

過去の事件における価格変動の傾向

通貨危機

経済の悪化による法定通貨への信頼性が低下すると、ビットコインの買いが増加。過去にはキプロス危機でBTC価格が高騰した。

戦争リスク

北朝鮮のミサイル問題などで戦争リスクが高まると、世界中どこでも引き出しと利用ができるビットコインを購入する動きが見られる。

 

分裂危機

8月1日の分裂問題では、情報が出た当初は不透明な状況から価格が下落「その後、システムヘの不安が解消されると価格は上昇した。

大手取引所の閉鎖

大手取引所の開鎖や国家による規制の動きが強まると、ビントコインに対する不安が大きくなることで売りが進み、価格が下落する。


GMOコイン 

既存の金融商品と異なる分散投資先に活用できる!

ビットコインは基本的に購入時と売却時の価格差が損益となり、保有しているだけで利益を得られるインカムゲインは存在しない。

 

また、株式や投資信託、FXのように世界の経済や政治の影響を受けにくく、単純な需給で価格が変動するという傾向がみられることから、既存の金融商品とは異なる分散投資先としての利用価値もある。

ただし、価格変動が大きくて投機的な要素が強いというリスクはしっかりと押さえておきたい。

スポンサーリンク

おわりに ビットコインの背景と仕組み

リターンが大きい反面、リスクも大きい
戦争リスクや通貨危機で価格が変動する
既存商品と異なる特徴は分散投資に効果的

ビットコインについてはこちらもご覧ください▼

ビットコインの将来と見通しとは?法律の成立で信頼性がアップする!
ビットコインの将来と見通しはどうなるんでしょう? 誰でも心配になり考えることです。 法律の成立で将来性がアップします。 支払いの...

ビットコイン投資についてはこちらも▼

月々5000円ではじめるビットコイン投資!初心者は低リスクでやれ
毎月5000円だけの投資で無理なく利益を出す積み立て方法を伝授します。 これから初めてビットコイン投資をしようとしている初心者の人なら、「少...

コメント