内田有紀主演 フジテレビドラマ『17才 -at seventeen-』の青春ドラマが懐かしい

ドラマ・映画・お笑い

出典:PictaStar.com

 

内田有紀さん主演の『17才 -at seventeen-』というドラマを知っているだろうか?

1994年4月から1994年9月まで、フジテレビ系列で放送されていた、『ボクたちのドラマシリーズ』からの派生した作品ドラマです。

 

ひと夏の熱い恋と青春ドラマから一部の熱狂的なファンがいました。

最近久しぶりに保存してあったDVD全巻を見て大学時代にハマっていたなーって青春を思い出しました。

内田有紀主演のフジテレビドラマ『17才 -at seventeen-』の青春ドラマが好きな理由を挙げてみました。

 

さて、ドラマを無料で見たいなら安心&高画質のU-NEXTやhulu、FODも参考にしてみてください。

各配信サービスの期間限定の無料視聴を最大限利用して「0円」で視聴しまくっておきましょう!

各サービスでたくさんの動画があるので、私は家族人数分登録して視聴しています▼



アニメ観るなら<U-NEXT>

アニメ
 

こちらも期間限定で無料視聴できる方法です。お得情報です▼

関連記事:>アニメ・映画などの動画が無料で見放題!〇日間無料は絶対使用すべき

関連記事:>Huluで名探偵コナン祭り!ドラマ・映画も面白い!おすすめはHulu 2週間無料

 

 登場人物

1994年4月28日から同年9月1日まで

フジテレビ系列で放送されており出演は

・内田有紀さん

・色紗英さん

・武田真治さん

・伊崎充則さん

・シューベルト綾さん

・須藤公一さん

でした。

 

その他の演出者としては

伊原剛志さん、天本英世さん、モト冬樹さん、浅田美代子さん、飯島直子さん、小林恵さん、雛形あきこ、はらみつおさん、神崎恵さん、中上雅巳さん、鶴田真由さん、葛山信吾さん、井出薫さん、奥菜恵さん、菊池健一郎さんなどゲストを含めると豪華な方々が出演されています。

 

当時は、内田有紀さんが演じる日高巧美が可愛くボーイッシュだったのと、学生もの・友情・恋愛など青春だなーと思い毎週見ていました。

スポンサーリンク

 ドラマの特徴

高校生の日常(恋愛・友情など)を描いたドラマだが本放送以降、未成年に不適切な場面があるためか日本での再放送は実現しておらずまたビデオやDVDなどによる商品化もされていない幻のドラマです。

(と勝手に私が思っています!またネットを見るとそのように言われています)

 

ちなみに、あとで知ったのだが、主な出演者である7人にはそれぞれ7曜日にちなんだ名前がつけられています。

最初の苗字の先頭文字が曜日になっています!

日高巧美 :内田有紀さん

月影翠  :一色紗英さん

火野恭一 :武田真治さん

水谷雄司 :伊崎充則さん

木村浩介 :山本太郎さん

金子玲奈 :シューベルト綾さん

土屋稔  :須藤公一さん

 

ちょっと洒落ていますね~。

当時はそんなことまったく気づきませんでしたよ。

 

 

主題歌は

trfの「Survival dAnce ~no no cry more~」!

♪No No Cry More 泣かない・・・~♪

 

当時かなり流行っていた曲ですよね。

夏っぽくてテンションが上がった記憶があります。



<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

【hulu】の新規2週間無料トライアル
 

ドラマストーリー

このドラマの良さは、幼なじみ7人の熱い友情というところです。

 

サブタイトル

第1話 「7人のバカヤロー」

第2話 「恋か友情か」

第3話 「ヒーロー誕生」

第4話 「偽りのデート」

第5話 「恋はお金で買えない」

第6話 「雄司の過去」

第7話 「真昼の決闘」

第8話 「恋と人力飛行機」

第9話 「水着で失礼します」

第10話 「こうして僕の恋は終わった」

第11話 「放課後の殺人事件」

第12話 「花火の夜の出来事」

第13話 「君に恋してた」

最終回 「友情の終わり」

出典:17才-at seventeen- – Wikipedia

 

巧美(内田有紀さん)が、7年振りに故郷(羊が原)に帰って来てじゃじゃ馬な巧美がいろいろ行動し幼なじみの翠(一色紗英さん)恭一(武田真治さん)ら6名は巻き込まれていくのですが仲間を大切にする巧美に迷惑!!という感じですが、でもなんだかんだ言っても理解し仲間を大事にする7人組の青春ドラマなのです。

 

また、風景や景色などが田舎って感じで田舎から都会へ上京してきた私には都会を舞台にした恋愛ドラマよりハマってしまいました。

 

毎回ドラマの中心になる仲間がいて、その問題や恋やトラブルなどを通じて友情を深めるというちょっと切なくもあり楽しくもあり、馬鹿げている点もあり羨ましくもありと魅力的なドラマです。




まずは無料でお試し!【FODプレミアム】
最終回には、巧美が去っていき高校生から大人という社会へ移っていき、それぞれ別の道を歩いていく心情など個人的には少し切なさなどを感じるのですが、「数年後」の巧美の帰省により再び大人っぽくなった7人が集まるっていう光景がまぶしく見えました。

スポンサーリンク

 

たまに非常に見たくなるドラマの一つです。

音楽やドラマなどで自分のその当時の思い出が蘇ります。

 

当時のものなので画像は悪いですが、ビデオからDVDに録画していて保管していて良かった~と思うドラマです!

 

VHFで撮ってDVDにしているので画質がそこまで良くないのですが、見れる状態です。

また、画質が良い状態で保管している人いるんでしょうかね。

そんな方がいれば良い状態で欲しいですね。

 

コメント

  1. 名無しの中年 より:

    あの監督さんのシリーズの中で一番好きだったドラマです。
    「夏」だけを切り取ったっていうのが好きでした。

    そして、録画して保存しておけば良かったと後悔しているドラマでもある。

  2. akap-senpai より:

    コメントありがとうございます。
    分かります!

    ひと夏の熱い青春ドラマって感じが私も好きでした。

    >録画して保存しておけば良かった
    必要であれば試してみますので「問い合わせ」より連絡ください。