ハワイの海水浴をもっと楽しむ方法!ハワイ海を朝から楽しむ人気レジャー

ハワイ

 

ハワイといったら、やっばり青い海ですよね。

野生のイルカやホヌに出合ったり、マリンスポーツに挑戦してみたりして心に残る一生ものの体験をしましょう!

 

でも何をしたらいいのか?分からない方もいるのではないでしょうか。

今回は、ハワイの海水浴をもっと楽しむ方法!ハワイ海を朝から楽しむ人気レジャーやおすすめツアーを紹介します。

スポンサーリンク

朝の海でサーフィンデビュー

言わずと知れたサーフィンの中心地、ハワイ

「―度でいいから青い海で、気持ち良く波に乗ってみたい!」と考えているなら、初めてのサーフィンに卜ライしてみよう。

 

一見難しそうに思えるけれど、コツさえつかめば意外と簡単です。

さらにスクールに参加すれば、現役サーファーのコーチがその人の経験に合わせて丁寧に教えてくれます。

波の動きを感じながら海の上を滑る爽快感は最高!

ロコ気分で、早朝からサーフィンの楽しさを体得できます。

 

オハナ・サーフ・プロジェクト

経験豊富なインストラクターが受講者のレベルと経験にふさわしい指導をします。

海の醍醐味、波の楽しさを味わってくださいね。

<料金>

1.グルーブサーフレッスン1時間(送迎付き)$62

2.グループサーフレッスン2時間(送迎付き)$94

レッスン中はサーフィンに必要な、長袖サーフシャツ、ソリーフシューズ、サーフボートを貸してくれます。

スポンサーリンク

絶対に行ってみたい天国の海「サンドバー」

全米最大・最長のサンゴ礁があるカネオヘ湾に突如出現する天国の海、サンドバーは、一生に一度は見たい絶景です。

 

船からサンドバーに降り立ち白砂の上を歩けば、360度、エメラルドグリーンの別世界が広がります。

まるで天国にいるかのような光景は、息をのむ美しさ。

 

唯一無二の絶景をその目に焼きつけよう。

ここは環境保護のため一日に降り立てる人数が制限されているので、人気のツアーはすぐ埋まってしまうそうです。

3カ月前にはクルーズの予約を心掛けてください。


H.I.S. ハワイ旅行

キャプテン・ブルース天国の海ツアー

TV・CM撮影実績1,000本以上を手がけたキャプテン・ブルースです。

各界セレブご指名のキャプテン・ブルース天国の海で、タートルウォッチングやシュノーケリングが楽しめます。

 

午後の時間を有効に使いたい方には①の午前出発

一日を有意義に過ごしたい方には足を延ばしてカイルアヘ立ち寄るプラン②がビッタリでしょう。

③の午後出発なら有名店レナーズのマラサダと、美味しいと大好評の豪華BBQランチが付きます。

<料金>

①午前出発 大人$125 子供(2‐11歳)$115

②①+カイルア立ち寄リプラン 大人$159 子供(2‐11歳)$145

③午後出発 大人$135 子供(2-11歳)$125

<スケジュール>

①午前出発

7:50~8:00:ホテル(または指定の場所)にお迎え

9:45          :タートルウォッチング サンドバーウォーク+シュノーケリング

12:30        :カカオへ湾帰港

13:30        :ホテル(または指定場所)に到着

 

③午後出発

11:20~12:05:ホテル(または指定の場所)にお迎え

13:15          :タートルウォッチング サンドバーウォーク+シュノーケリング

16:00          :カカオへ湾帰港

17:30          :ホテル(または指定場所)に到着

スポンサーリンク

貸切クルーズ(ワイキキ沖/カカオ湾)

ワイキキ・ラクジュアリー・クルーズでは3層構造、47フィート(約14m)の豪華貸切クルーザー、セレンディビティ号で忘れられない素敵なひとときを過ごすのも良いかもしれませんね。

カネオヘ湾のクルーズでは6名様用ボートをチャーターします。

 

<料金・詳細>

・ワイキキ・ラグジュアリー・クルーズ(1日5便)$2,980

・ワイキキ・ブライベート・クルーズ(1日5便)$1,800

・天国の海貸切クルーズ(午前出発) $900

・天国の海貸切クルーズ(午後出発) $900

ホテル送迎、日本語ガイド付き!

アルコール持込み可能(貸切クルーズは、3連体の週末は持込不可)

クルーズ時間は、約2日時間~約3時間

定員は、ラグジュアリークルーズで12名、その他のクルーズは6名

毎金曜のヒルトンが打ち上ける花火の時間帯にも貸切クルーズできます・


【JTB海外旅行】ハワイ
 

野生イルカと朝の海水浴

イルカと一緒に泳ぐのが夢という人も多いのでは?

フレンドリーな野生イルカが生息するワイアナエ沖で、その夢を叶えよう!

 

シュノーケルで海の中をのぞいてぃると、悠々と泳ぐ大群のハワイアン・ハシナガ・イルカ(ナイア)が出現します。

人間からは無理なアプローチをしてこないと知っているからか、近くにもやってきてくれて大興奮!

 

朝スイムを体験をした後は、360度海を見渡せるパノラマデッキから、バンドウイルカやマダライルカなどの姿を見ることもできます。

好奇心を全開にして、思いきりはしゃいでください。

スポンサーリンク

シーハワイ・ドルフィン&シュノーケリング・エコッアー

地元のベテラン船長と海洋学に詳しいスペシャリストが案内してくれます!

西オアフのクリスタルブルーの海へ、快適なパワー・カタマランに乗ってイルカに会いに出かけませんか?

地元のベテラン船長をはじめ、海洋学に詳しいスヘシャリストが案内してくれます。

ハワイアン・ハシナカイルカが集まるワイアナエ沖で、イルカとスイミング。

イルカたちがいる海は、まるで夢のような癒しの空間です。

ハワイならではの美しい自然の中でイルカと過ごす時間は、忘れられない思い出になることでしょう。

<料金>

大人$137 子供(6‐11歳) $100

 

<スケジュール>

6:15~7:15:ホテル(または指定の場所)にお迎え

8:00        :ワイアナエ・ボート・ハーバー到着

9:00    :イルカやウミガメとスイミング

11:00        :ワイアナエ・ボート・ハーバー到着帰港

12:30        :ホテル(または指定場所)に到着

 

船首渡に乗って泳ぐこともある遊び心いっはいのハワイアン・ハシナカイルカ。ワイアナエ湾では、休息をとったり、子育てをするイルカの行動が観察されています。

海獣保護法によって大切に守られながら、のびのひと暮らす野生イルカ達の日常生活を覗きにいきましょう。

スポンサーリンク

東オアフ「サンディビーチ」

自然界にあるもの全てにマナ(エネルギー)が宿るといわれ、古くから自然と共存する文化が根付くハワイ。

中でも強烈なエネルギーを放つパワースポットといわれるのが、古代ハワイアンが大切に守ってきた海や森などの大自然です。

 

神々が降り立ったとされる東オアフにあるサンディビーチは、ヒーリングプールと呼ばれ、昔からハワイアンたちが心身を浄化していたそうです。

エネルギーを全身にチャージしたら、明日からの元気が湧いてくるはずです。

スポンサーリンク

ハワイのマナに出会うスピリチュアル&ヒーリング巡礼

本格ガイドから学ぶヒーリングパワーに触れる旅です。

自然界のエネルギーが満ち溢れたハワイで、大人気のパワースポットを巡るツアーです。

 

ハワイ語で「マナ」とは、生命力溢れる目に見えない力のこと。

マナと出会い心身ともに癒されながら、ハワイのパワーをぎゅっと詰め込んで、自分だけの最強パワークリスタルを作りませんか?


【JTB海外旅行】ハワイ

ケアイヴァ・ヘイアウ

古代ハワイの時代に、癒やしの場として機能していた「ケアイヴァ・ヘイアウ」。

聖域では、マナーをしっかり守ることが大切です。

ヌウアヌの森

カメハメハ2世が住んでいたというヌウアヌの森

木漏れ日の差す樹々の間を歩いて行くと、小川のせせらぎが聞こえてきます。

パワースポットのエネルギーは、クリスタルに込めて日本に持ち帰ろう。

 

<料金>

大人・子供(8歳以上) $125

 

<スケジュール>

7:50~8:10  :ホテル(または指定の場所)にお迎え

8:20~11:45:カピオラニ公園、サンディビーチ、マカブウビーチ、 ヌウアヌの森、マウナアラ、ケアイヴァ・ヘイアウ、ハワイ出雲大社

12:30         :ホテル(または指定場所)に到着

 

ヒーリングプールの海水とハワイの太陽て浄化されたパワータリスタルをプレゼントしてくれます!

スポンサーリンク

「マーメイドケイブ」と「ピンクピルボックス」

観光地化していない、手つかずの大自然を残すオアフ島西海岸

 

穴場スポットを訪ねて、オアフ島の新たな一面を見つけてみてはいかがでしょう。

なかでも必見なのは、洞窟のような空間に頭上の穴から降り注ぐ日差しが水面を青くキラキラ輝かせ、神秘的な景色を演出する「マーメイドケイブ」と、ワイアナエコーストを見下ろすビュースポット「ピンクピルボックス」です。

 

ビビッドなピンクに塗り替えられた外観は、絶好のフォトスポットとしても人気です。

 

青の洞窟「マーメイドケイブ」

ハワイの青の洞窟ともいわれる「マーメイドケイブ」。

「波の音が響く幻想的な空間は、訪れる価値ありです。

満潮時と波が高いときは危険な時間帯なので、千潮時を調べてから立ち寄ってください。

 

ピンクビルボックス

進むにつれて険しくなっていく登山道を、片道約40分。

ピンクビルボックスに到着です。

日陰がない道を進むため、飲み物の準備をしておきましょうね。

 

「オアフ島西海岸ツアー」

<詳細>

大人$99、子供(4~11歳)$79

所要時間:約7時間

www lealeaweb.comで「オアフ島西海岸ツアー」と検索すれば詳細が見れます。

スポンサーリンク

ホエールウォッチング

ハワイの冬の風物詩といえば、ホエールウォッチングです。

12月から4月にかけて、出産や育児のため、ザトウクジラがアラスカからハワイの暖かい海へとやってくるからです。

 

体長約15mのクジラが見せてくれる潮吹きの「ブロー」やハート形の尾ひれを持ち上げる「フレーク」、ダイナミックなジャンプ「ブリーチング」などのパフォーマンスは、あまりの迫力に思わず声を上げてしまうほどです。

クジラの姿は陸からも確認できるが、近くで見たいならクルージングがベストです。

クジラの100m以内に近づいてはいけないという法律があるものの、サービス精神旺盛なクジラが自ら寄ってくることもあります。

 

LeaLeaホエールウォッチング

定員1,500名の大型客船「スター・オブ・ホノルル号」のLeaLea専用貸切フロアでクジラを探しにいきましょう。

4階建ての高さ、視界360°の展望デッキは遠くまで一望できてクジラも発見しやすいベストシートです。船内ではナチュラリストによる各種クジラプログラムも楽しめます。

 

<料金>

・LeaLeaホエールウォッチング(朝食付き)大人$60 子供(6‐11歳) $40

・LeaLeaホエールウォッチング(朝食なし)大人$50 子供(6‐11歳) $31

 

<スケジュール>

7:20~8:00:ホテル(または指定の場所)にお迎え

8:45          :ホノルル港ピア8を出港、ホエールウォッチング

10:45    : ホノルル港ピア8に帰港

11:20~12:00:ホテル(または指定場所)に到着

スポンサーリンク

アトランテイス・アドベンチャーズ ホエールウォッチ・ランチクルーズ

タイヤモンドヘッドの沖合いまで出られるので、例年クジラとの遭遇率が9割を超える人気のホエールウォッチングです。

エアコン完備、大きなパノラマウィンドウが快適なマジェスティック号なら、クジラ探しに集中できます。

 

<料金>

・大人$74 子供(7‐12歳) $43

 

<スケジュール>

10:10~10:40:ホテル(または指定の場所)にお迎え

11:30           :ホノルル港ピア8を出港、ホエールウォッチング

14:00     :ホノルル港ピア8に帰港

15:00~15:20:ホテル(または指定場所)に到着

 

ラハイナ・クルーズ・カンパニー ホエールウォッチング

ホエールウォッチングのメッカ、冬期のマウイを訪れたら、クジラは見るべき。

目の前でクジラのジャンプが見れるかもしれません。

 

<料金>

・送迎付き 大人$57 子供(4‐12歳) $42

・送迎なし 大人$42 子供(4‐12歳) $27

 

<スケジュール>

8:00~9:00:ホテル(または指定の場所)にお迎え

9:00~9:15:「ラハイナ・クルーズ」カウンターにチックイン

9:45          :ラハイナ港出港、ホエールウォッチング

11:45     :ラハイナ港帰港

12:00~13:00:ホテル(または指定場所)に到着

 

ボディ・グローブ・ホエールウォッチング(送迎付き)

最先端の快適なカタマランで海上へ。

クジラだけでなく、マンタや海ガメにも会えるチャンスがあります。

船内ではスナックやジュース、コナコーヒーなども提供しています。

 

<料金>

・大人$160 子供(6‐17歳) $132

<スケジュール>

10:45~11:30:ホテル(または指定の場所)にお迎え

13:00~15:30:ホエールウォッチング

17:45~19:15 :ホテル(または指定場所)に到着

スポンサーリンク

おわりに

はやりハワイといえば海ですよね。

マリンスポーツやマリンアクティビティで思いっきり楽しんでみましょう。




 

今回は紹介しませんが、

・ハワイ・ダック・ツアーズ

水陸両用車DUCKで海と陸へお出かけします!

 

・幻のビーチ「サンドバー」&マリンスポーツ

誰大なコオラウ山脈の麓にある穏やかなカネオヘ湾で、絶景「サンドバー」とマリンスポーツを楽しむのもオススメです。

 

朝からハワイの海を楽しめば充実したハワイライフが過ごせるでしょう!


H.I.S. ハワイ旅行
ハワイ情報について▼

関連記事:>ハワイの早朝の楽しみ方5選!ハワイは朝から行動する方が楽しい

関連記事:>ハワイのレアレア「LeaLea」サービス!おすすめポイントと内容を紹介

関連記事:>食べておきたいハワイの朝ごはん6選!ハワイ現地でも紹介されたお店

関連記事:>ダイヤモンドヘッド周辺をレアレアトロリーで行くカフェ&朝食レストラン

関連記事:>【ワイキキ】BiKiのレンタル自転車初心者必見!借り方から返却・注意点

コメント