LINEのバックアップとトーク復元&LINE既読無視・スルーの防止方法

Pocket

こんにちは。携帯が故障してLINEのトークやグループ登録が2回ほど吹っ飛んだ経験があるakapです。

LINEのバックアップや履歴など引き継ぎ対策していますか?

携帯の故障や機種変更などの時に起こる事ですが、突然、LINEのトークや友達、グループなどがなくなると焦りますし、もうガッカリですよ。

そうならないためにも対策はとっておくべきです!

今回は、LINEのバックアップとトーク復元&LINE既読無視・スルーの防止方法についてお話しします。

スポンサーリンク

LINEのトーク履歴を引き継ぐには

LINEのトーク履歴は同じOSの端末へ機種変更する場合は引き継ぎが可能である。

どういうことかというと、iPhoneからiPhoneに機種変更するかAndroidからAndroidに機種変更する場合ならトーク履歴が引き継げるのだ。

引き継ぎ方法としては、

【Android】

Androidは卜-ク履歴をバックアップしておき、そのデータを復元することで引き継ぐことが可能である。

【iPhone】

iPhoneの場合は、iTunesかICloudを利用してiPhoneを復元するだけでトーク履歴も同時に復元される。

スポンサーリンク

それでは、「Android」と「iPhone」個別に説明しますね。

Androidのバックアップデータは自分でアプリを使ってバックアップ

1.トーク画面で「トーク設定」を開く

LINEトーク履歴1

保存したいトークを開いてメニューから「トーク設定」を選択

2.トーク履歴をバックアップしておく

LINEトーク履歴2

トーク設定が表示されたら、「卜一ク履歴をバックアップ」を選択する

3.すべてのデータをバックアップする

LINEトーク履歴3

「すべてバックアップ」を選択してトーク履歴をバックアップする。完了したら、バックアップデータをメールで送信するか尋ねられる。「はい」を選択して自分宛に送信しておこう

4.バックアップデータを新しいスマホに移す

新しいスマホにLINEを導入して適当なトークをバックアップすると「LINE_Backup」というフォルダが作成される。

ここで「ESファイルエクスプローラー」というアプリがあるのでこちらを使用して、先ほど自分宛てに送ったバックアップデータを移す作業をする。

※「ESファイルエクスプローラー」はGoogle Playなどで取得すること。

5.トーク履歴をインポートする

LINEトーク履歴5

バックアップデータを移し終わったら、LINEでトーク設定を開き「トーク履歴をインポート」で「はい」を選択する

6.バックアップしたトークが読み込まれる

バックアップが復元され、トーク履歴が表示される

スポンサーリンク

iPhoneならiTunesで暗号化して復元しよう

1.暗号化してiPhoneをバックアップする

LINEトーク履歴 iPhone

iTunesでiPhoneの管理画面を開き

「iPhoneのバックアップを暗号化」

にチェツクして「今すぐバックアップ」をクリック


2.iPhoneを復元してLINEにログイン

バックアップが完了したら

新しいiPhoneを接続して復元し

LINEを起動する。

そして以前つかっっていたLINEのIDでログインする。

スポンサーリンク

既読を付けないための導用アプリの使い方「ちらみ」

LINEを使用しているときに利点でも欠点でもある「既読機能

ご存知のようにLINEはメッセージを読むと「既読」マークがつきます。

相手から届いたメッセージを読んだのに、すぐに返信をしないことを指すこの言葉は、アプリを起動してメッセージを表示すると、相手に既読であることが伝わってしまうLINE特有の問題ではあるが、利用者の増加とともに、ある意味社会問題である。

2013年には広島でリンチ事件、現在ではいじめや無視まで人間関係を壊すほどの問題になりました。

これを回避する方法のひとつが、Androidアプリの「ちらみ」の利用。

通知センターに届いたLINEのメッセージをちらみで開くことで、LINEを起動せずにメツセージを確認することができるため、相手には既読であることが伝わらない

やたら返事を急かしてくるような相手からのメッセージは、ちらみで確認して返信する内容を決めてから、LINEを起動すればいい。

LINE以外にも力カオトークやフェイスブックにも対応しており、各SNSのメッセージをひとまとめにチェックできます。

なお、TWitterやSkypeなどのSNSにも対応しているので便利なのだ。

スポンサーリンク

1.[ユーザー補助]で「ちらみ」を有効化

「ちらみ」の初期画面起動時は「ユーザー補助」画面で「ちらみ」を有効にする。

LINE ちらみ

指示に従って設定すれば特には問題ない。

2.通知バーから「ちらみ」を起動する

通知バーに「LINE」のメッセージを受診した通知が表示されたら、通知領域でメッセージを選択する

LINE ちらみ2

3.LINEのメッセージを読む

「ちらみ」が軌道してメッセージの全文が読めるようになる。

LINE ちらみ3

「LINEを起動」ボタンを押してしまうと「既読」になるのでここは注意しておいて。

4.送信元には「既読」が表示されない

メッセージ全文を読んでも、相手側に「既読」が表示されることはない。

これで既読無視・スルーのお咎めはなくなるかも。

スポンサーリンク

LINEについてはこちらもご覧ください。

まとめ

バックアップやトーク履歴の保存はやっておくべきである。

私自身バックアップしてなく、故障や誤動作でデータが吹っ飛んだなんてことが起こりガッカリしたり、腹が立ったものだ。

既読機能も読んだ確認としては便利であるが、相手は人であるためコミュニケーションツールを正しく活用していきたいと思うこの頃である。