人事からみた就職・転職の面接(服装・マナー編)の注意点

Pocket

こんにちは。

ストレスか?分かりませんが、手湿疹が出て手がかゆい、akapです。

人間中身が一番重要なのはみんな分かっている事ですが、たかが1時間程度で本当の自分を分かってもらうことは難しいと思います。

就職・転職面接で第一印象は非常に大事です。

今回は、人事からみた就職・転職の面接(服装・マナー編)の注意点について経験から書いていきます。

スポンサーリンク

面接前に要チェック!身だしなみ編

面接では第一印象が大変重要です。

第一印象は6秒で決まるといわれております。

清潔感」を意識して下さい。 

 男性・女性それぞれ、以下の点は事前に確認をしておく必要があります。

 

<男性>

4c09613c13156c859219f84f72a987c9_s

髪型は整えているか?(寝癖は禁物です。) 無精ひげは生えていないか?

派手なシャツ、ネクタイをしていていないか?(白地にブルー系のチェックは爽やかに見えます。)

シャツの下に模様のあるTシャツを着ていないか?(ワイシャツに透けていないか?) ポケットに物を入れていないか?(ポケットが膨らんでいると不恰好に見えます。)

  

<女性>

851b5e7898f173fcd14791ecbeaf4ec4_s

オフィスにふさわしいスーツやジャケットでまとめているか?

(派手な印象が残らないようピアスや髪の色に気を付けましょう)

香水の匂いが、きつくないか? 爪の手入れはされているか?

ヘアースタイルの乱れ、襟や袖口の汚れ、服のシワ、ボタンが取れかけ、ズボンやスカートのアイロン掛けは大丈夫ですか?

スポンサーリンク

 

就職面接でのマナー

面接での入退室に関するマナーです。

以下、面接前に必ず確認しておきましょう。

 

<面接前のマナー>

受付には10分前には到着してください。

(事前に移動距離、乗り換えの時間などチェックして移動をしてください。)

受付前にもう一度服装のチェックと面接時に鳴らないに携帯電話の電源を切りましょう

<面接開始後のマナー>

764bfd8a148d64536489223b97948ba1_s

面接の入室は

ドアを2回ほどノックをし

中から「どうぞ」など声がかかってから「失礼します」と言ってドアを開け、  入室します。

その後、ドアに向き直って両手で静かにドアを閉めた後、面接官の方に向き直し、「よろしくお願いします」と言って一礼をします。(※面接官よりも先に挨拶をしましょう。)

面接官の前まで進んだら

「○○と申します。本日はよろしくお願いします」とはっきりとした声で名乗り、 一礼をします。

そして

面接官から「どうぞお座りください」と進められてから「失礼致します」と言って 着席します。

面接官から質問に対しては、相手の目をしっかりと見ながらはっきり答えるように心がけてください

 

面接終了後は、

「本日は貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございました。よろしくお願いします」と言って挨拶し退出します。

  

※面接では事前に部屋で待っていて、そこに面接官が入ってくる場合もございます。

 その際は、面接官の入室と同時に立ち上がり「よろしくお願いします」と言って声を かけましょう。
(面接時の名刺交換は不要です。)

スポンサーリンク

まとめ

こちらは、最低限のマナーです。

過度なマナーや丁寧さは自分を作っているように感じさせるので必要ないですが、このくらいの対応は必要だと思います。

企業の人事からみた転職についてこちら

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!