フェイスブックの使い方 ビジネス活用の集客とブランディング

Pocket

こんにちは。akapです。

ビジネスでもフェイスブックが活用されていると知っていますか?

アメリカ企業の7割がフェイスブックをビジネスで活用されているといわれています。

スポンサーリンク

フェイスブックページの開設でビジネス活用

facebook-534231_640

一般的なビジネス活用の手法はやはり「Facebookページ」の開設です。

フェイスブックページは

写真、動画、ウォール(掲示板機能)販売、ゲーム、カスタマーサポートなど、通常のホームページでは考えられないほどの多くの機能を持ったページを無料で開設することができるだけではなく、ユーザー側もクリックひとつでファンとして気軽にコミュニケーションをとれる間柄になり、情報を収集することが可能なのです。

企業のフェイスブック活用は世界中に広がってきており、日本でもフェイスブックページの開設が行われています。

フェイスブックについてはこちらもご覧ください

ファンの獲得で自社情報を拡散

企業がフェイスブックページを利用する場合、カギとなるのはファンの獲得です。

根本的な目的は企業の情報をより多くのユーザーに伝えることなのですが、これはそのまま、フェイスブックページでより多くのファンを獲得することとほぽ同じ意味になるのです。

単にファンを集めるだけでなく、コメントやイベント企画でファンと直接コミュニケーションを深めれば、それだけフェイスブックページでのアクションが増えることになります。

すると情報の拡散はさらにスピードを増していくのです。

最近では政治政党なども、政治理念を広く伝えるためにフェイスブックページを利用しています。

スポンサーリンク

ビジネスでフェイスブックを利用するメリットとは

social-network-76532_640

ホームページと同等の性能を発揮するフェイスブックページですが、実は一般的なホームページでは実現が難しい、数々の魅力を備えています。

もっとも大きな違いは

いいね!]をクリックしてくれたユーザーを「見込み客」として取り込めることです。

フェイスブックページが獲得したファンは、ページの内容に興味を持ってくれた、いわば見込み客ですが、このファン達に対して、フェイスブックページから「メッセージ機能」を使って企業の情報を一斉送信することが可能です。

つまり、フェイスブックページにとってのファンとは、一般的なホームページがメールマガジンの登録フォームを用意して苦労しながら集めている「リスト」とほぼ同じ価値があるのです。

これらに加え、[いいね!]や[シェア]といったソーシャル機能の恩恵を開設した時点から受けることができるフェイスブックページは、やはり一般的なホームページと大きな違いがあるといわざるを得ません。

スポンサーリンク

フェイスブック「いいね」についてはこちらもご覧ください

フェイスブックページに人を集めアクセスアップ

social-media-1430522_640

ファンの興味を満たすコンテンツと

楽しませるためのさまざまなツール

を活用できるフェイスブックページですが、まずはファンを獲得しないと何もはじまりません。

投稿内容の充実とともに、フェイスブックページヘのアクセスアップは初期段階でもっとも重要な課題となります。

個人アカウントのページと違い

フェイスブックページは「友達」機能が使えません。

したがってユーザーに対してダイレクトにアプローチをかけることができず、一定数のファンを獲得するまでは通常のホームページなどと同様、アクセス数をアップさせる努力が必要になります。

スポンサーリンク

フェイスブックページについてはこちらもご覧ください

招待する

メールアドレスを使って招待することができます。

管理者の個人アカウントから利用できる友達リストなどから、フェイスブックページヘのリンクと説明文を記載して一括送信しましょう。

ほかにも、ウェブメールなどの連絡先情報などから、友人、知人を探し、招待につなげることも可能です。

Webサービスよりリンク誘導する

ブログやホームページ、ツィッター、メルマガといった既存のメディアを使用して、Facebookページへのリンクを張リ、アクセスを誘導します。

アクセスアップに成功しているブログなどからリンクを張ればとくに効果的ですし、簡単です。

広告の出稿

フェイスブックページを

Facebook広告でアピールすることが可能です。

クリックごとに料金が発生するタイプの広告で、検索エンジンの結果に表示されるテキストマッチ広告よりもインプレッション数が多く、費用も安く抑えられます。

個人アカウントのプロフィールリンクを使用する

「友達」機能が使えないフェイスブックページにとって、管理者の個人アカウントからのリンクはアクセスを増やす強力な武器になります。

管理者の基本情報のページには

必ずフェイスブックページヘのリンクを張っておきます。

スポンサーリンク

SEOを活用する

GoogleやYahoo!などで検索すると

フェイスブックページが上位に表示されることがあリ、さらにクリックしてみるとフェイスブックページのウォールだけではなく、ノートやディスカッションボードが直接表示されることがあります。

これはフェイスブックページの各コンテンツのタイトルが、検索エンジンの検索対象になっていることを意味しています。

フェイスブソクページの各コンテンツのタイトルは、できるだけ検索対象となるキーワードを織り込んでつけるのがアクセスアップのコツです

実生活での集客

自分の名剌に名前や連絡先と一緒に

フェイスブックページのURLを記入しておきましょう。

また、ポスティングや街頭で配布するチラシなど従来の広告スペースにフェイスブックのURLを記入しておくといいです。

スポンサーリンク

おすすめトピック



シェアお願いします!

フォローお願いします!