道後温泉別館・飛鳥乃湯泉オープン!日本最古の道後温泉を観光しよう

Pocket

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」オープン後、中庭の整備と椿の湯の浴室など改修が完了する、2017年12月26日に魅力ある新たな「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」がグランドオープンします。

日本最古の道後温泉を観光しましょう!

スポンサーリンク

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

日本最古といわれる道後温泉にふさわしく、西暦596年聖徳太子の来浴の物語や伝説が残る、飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋です。

屋根の上には、道後温泉のシンボルである塔屋を配置しています。

内部空間は、道後温泉にまつわる物語を「愛媛の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーシ∃ンした作品で演出し、温泉による「癒やし」と、伝統工芸・アートによる「感性の刺激」を楽しめます。

スポンサーリンク

エントランス

太古の道後への入り口です。

個室休憩室

道後温泉にまつわる伝説を表現した5つの休憩室です。

1.聖徳太子の来浴

2.天皇の行幸(ぎょうこう)

3.白鷺(しらさぎ)伝説

4.伊予の湯桁(ゆげた)

5.玉の石伝説

大広間休憩室

約60畳の休憩室には、天吊りシェード・ペンダント照明・濡れ緑照明などで演出されています。

聖徳太子が来湯

聖徳太子が道後温泉に来浴された際、残したとされる「湯岡(ゆのおか)の碑文」に「神の温泉を囲んで、椿が互いに枝を交えてしげりあい、椿の実は花びらを覆って温泉に垂れている」と描かれていた当時の明媚(めいび)な風光をイメージし、椿が生い茂っている「椿の森」や「湯の川」「温泉碑」を再現します。

回廊、広場、街路がひとつなぎとなった憩い・たたずみの場で湯上りにゆっくり過ごすことができます。

スポンサーリンク

道後温泉 椿の湯

昭和28年に四国4県で開催された「第8回国民体育大会」開催の年に新設され、現在の椿の湯は昭和59年に改築されました。

コンクリート造りで蔵屋敷風の落ち着いたたたずまいで、浴室には道後温泉特有の湯釜も置かれています。

男湯の湯釜には、「十年の汗を道後の温泉(ゆ)に洗え」、女湯は「巡礼の杓に汲みたる椿かな」と正岡子規の俳句が刻まねています。

「椿」は聖徳太子が道後温泉をたたえた碑文の中で象徴的に使われていることから名が付けらねました。


日本最大級の宿・ホテル予約サイト
国内旅行・海外旅行や宿・ホテルの宿泊予約なら


道後温泉第4分湯場(源泉)・手湯を設置

道後温泉駅北西にある道後温泉第4分湯場を改築し、道後温泉の源泉に手で触れることのできる「手湯」や、源泉が貯湯槽に落ちる様子を見学できるスペースなどが新たに設置されました。

源泉を直接目で見て手で触れることのできるこの施設が道後温泉の新たな魅力となるでしょう。

商品充実!複数の宿泊希望日が一度に検索可能!日本旅行!


愛媛・道後温泉情報についてはこちらもご覧ください

こんにちは。akapです。今回は、道後温泉周辺の情報をお伝えします。愛媛への観光客が多い道後温泉!ホテルランチして観...
こんにちは。akapです。   最近、吉方を確認したりして三津浜の方へ良くドライブに行きます。そこで、新しい発見があるのが、...

観光に行った際には参考にしていただければ幸いです。