知っておいてタメになる知識

ここまで進化したトイレ機能!TOTO・LIXIL・Panasonicをご紹介!

Pocket

 

多様なニーズに合わせ、開発されている住宅設備。今回はトイレに注目します!

今回は、ここまで進化したトイレ機能!TOTO・LIXIL・Panasonicの国内3メーカの特長を紹介します。

スポンサーリンク

 

トイレの機能特徴

最近のトイレは、以下のような特長があります。

・汚れにくい素材

・掃除がしやすい形状 (便座裏や便器のフチなど)

・除菌、消臭機能

・節水

・オート機能 (ふたの開閉や洗浄など)

 

高機能のトイレを実際に体験したり

わが家に何が必要な機能なのかを検討するためにも、ショールームに足を運びましょう。

ショールームで最新モデルを目にすると、その技術に感動するはずです!

 

TOTO「自動除菌で“きれい"長持ち」

TOTOの陶器表面は

ナノレベル(100万分のlmm)でツルツル

汚れが落ちやすいのが魅力です。

 

使用後は、渦を巻くような力強い

トルネード洗浄」でしっかり洗います。


 

注目の機能は

きれい除菌水」(一部機種で採用)。

使用後と8時間未使用時、便器内部に除菌水を自動でふきかけ、見えない汚れや菌を取り除きます。

 

水を電気分解した除菌水なので、環境にも優しいです。

 

LIXIL「白さと輝きが続く新素材」

LIXILが20年を費やして開発した

衛生陶器「アクアセラミック」。

 

水アカを寄せつけず、日常の簡単な掃除できれいな状態が続きます。

シャワーノズルはおしり洗浄用とビデ洗浄用が2本、別になっています。


 

 

サティスGタイプ」には

男性が立って用を足す時、便座を上げると自動でトイレの水面に泡が出て、飛び散りを防ぐ機能「泡クッション」が付いています。

スポンサーリンク

 

Panasonic「泡パワーでしっかり洗浄」

パナソニックの自動洗浄機能が付いた「アラウーノ」。

 

専用タンクに市販(台所用中性洗剤を注入し

流すたびに泡で洗浄する仕組みです。


 

「有機ガラス系新素材」の便器は

ぬめりや水あかをはじき、細かい傷が付きにくいのが特長です。

隙間がほとんどなく、掃除が楽です。

 

「新型アラウーノ」の便器内部は

水流をコントロールする立体形状で、少ない水量で全体をぐるりと洗う「新スパイラル水流」を採用しています。