Facebook

Facebookで勝手に写真にタグ付けされている場合の対処法とは

2017/07/06

Pocket

 

Facebookでアップした写真に「タグ付け」する場合、本人に確認をとってから行うのがマナーと思います。

しかし、知らない人が勝手にタグ付けすることもありますので、許可なくタグ付けした相手には事情を説明して削除しましょう。

スポンサーリンク

 

Facebookのタグ付け機能

タグ付け」とは、

写真投稿やチェックインする時に、他のどのFacebookユーザーと一緒にいるかを関連付けして投稿できる機能です。

この機能によって、多くの人が一緒にいる時などに情報の共有を簡単に行えます。

「タグ付け」は便利な機能である一方、 トラブルも報告されています。

 

たとえば

飲み会で盛り上がった場の写真を撮ったり、集まっているメンバーをFacebookに投稿する時にタグ付けを使うことがあります。

しかし、その中には別の誘いを断って、その場に参加した人もいるかもしれません。

この写真をFacebookにアップして参加者全員を無断で「タグ付け」してしまうと、別の誘いを断って飲み会に来た人の様子が、断られた人たちにも伝わる可能性があります。

 

こうしたトラブルを避けるため、「タグ付け」をする際は事前に「タグ付け」するユーザーの承諾を得ましょう。

スポンサーリンク

 

Facebookでタグ付けされた写真をタイムラインで非表示にする方法

「プライバシー設定」から「タイムラインとタグ付け」をクリックする。

「あなたをタグ付けされた投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか」の「オン」をクリックする。

 

 

Facebook写真のタグ付けを削除する方法

 

写真の「タグ付け」は後から削除できます。

 

タグ付けされたくない写真に

自分が「タグ付け」された場合は以下の手順で消しましょう。

 

なお、写真そのものを削除するのは

投稿者のみ可能ですが、以下の方法で、削除依頼をメッセージで簡単に送ることができます。

 

なお、「タグ付け」自体を事前に防ぐ設定や機能は、現状では用意されていません。

 

タグ付けについて、トラブルになる可能性を知っているユーザーであれば事前に確認を行ってくれるかもしれませんが、現状ではタグ付けのトラブルを意識していないユーザーが多いようです。

タグ付けされたことを通知する機能があったり、自分が承認していないタグ付けについては自分のタイムラインに表示させないこともできるので、それらの設定を行ってタグ付けによるトラブルを防ぎましょう。

スポンサーリンク

 

Facebookでの問題対策についてはこちらもご覧ください

 

 

 

Facebookのタグ付け削除を依頼する方法

タイムラインの「アクティビティログ」で

タグ付けを削除したい投稿の鉛筆マークをクリックして「タグを削除」または「投稿を報告」をクリックする。

次の表示で希望する項目にチェックを入れてクリックする。

Facebookでの問題対策についてはこちらもご覧ください