Facebook

私がFacebookアプリを使わない理由!アプリ使用で個人情報が漏洩!?

2017/04/12

Pocket
LINEで送る

 

Facebookアプリを使用すると個人情報が抜かれると聞いたけど本当でしょうか?

アプリが取得した個人情報は、あなたの同意なしに譲渡や広告利用はできません。

しかし、運営会社によっては利益目的や規約違反を承知で個人情報を譲渡している場合があるのです。

スポンサーリンク

 

悪意のあるFacebookアプリ運営会社が個人情報を売買する

少し信じられないかもしれませんが

アプリ運営会社の中にも利益のためだけにFacebookの規約を無視してアプリを運営している会社があります

 

アプリが個人情報を取得できる仕組みを悪用して、取得したメールアドレスや住所などを名簿会社に1件あたり数百円で販売するのです。

1万人がアプリを使ってくれたら数百万円の売上になるからです。

 

また、規約では、アプリの利用で取得したメールアドレスにはメールを広告目的で送信することもできないのですが、それを平気でやっている会社もあるようです。

 

有名な企業のアプリで、こんなことをすれば大問題に発展しますのであり得ないのですが、個人事業主や一般に名が通っていない会社が開発した性格診断アプリなどは疑ってかかるべきかと思います。

無料で使えて、メールアドレスの登録も不要で楽しそうなアプリには充分に注意することをおすすめします。

スポンサーリンク

 

Facebookアプリを使用する前に提供情報の確認を

右上端の▼の管理メニューより「設定」をクリックする。

 

個人ページのホーム画面左側にある「アプリ」の文字にマウスカーソルを合わせクリックする。

アプリの一覧が表示されるので、気になるアプリの編集アイコンをクリックし、「設定を編集」を選択する。

 

もしアカウントで何らかのトラブルや不具合が発生した場合、アプリが原因となっていることも多いので、必要に応じて削除しよう。

スポンサーリンク

 

Facebookの注意点については

 

 

 

Facebookのなりすましやスパムアプリ

スパムアプリとは、多くのユーザーから迷惑行為と受け取られるアプリのことを指します。

Facebookの中で、スパムアプリと言われているものはいくつもありますが、特徴としてあげられるのは以下の通りです。

 

スパムアプリの特徴

・Facebookユーザーが意図しないウォールヘの投稿

・Facebookユーザーが意図しない友達へのアプリの招待

・Facebookユーザーが意図しない友達のタグ付けをする

・必要以上のデータを取得しようとする

・なりすましのアプリ

スポンサーリンク

 

最初の3つは

占いアプリやカレンダーアプリなどに多い迷惑アプリとなります。

 

それらの注意書きがあったとしても気付かずに使ってしまい、後から勝手に友達への招待を送っていたり、タグ付けされていたりすると、Facebookの友達から迷惑行為だと思われてしまいます。

知らない間に、友達からの信頼を失う結果になりかねませんので、Facebookアプリは気を付けて利用しましょう。

 

Facebookのアカウント注意点については

 

Pocket
LINEで送る